NPO法人ニュースタート事務局関西

VOICE

やりたいことを見つけよう

 8月18日に初めて例会に参加させていただきました.
  そこで様々な悩みを抱えていらっしゃる親御さんたち(しかも多種多様)のお話を聞いて,いろいろ思うところがありました.

 僕本人は,もうすぐ29才になろうかというのに,未だに「フリーター」です.その理由は,「引きこもり」とまではいかないまでも,ある時期「人間不信(社会不信かな?)」になったことがあること,昨年突然クビを切られ突発的無職を経験したこと,そして何より,「自分が追いかけるべきやりたいこと」があること,その他いろいろありますが,主立ってこれらの理由で未だに「フリーター」です.

 なぜこんな俺の「フリーターたる所以」を書いたかというと,今日の例会で,「引きこもっているお子さん」や「引きこもっていたお子さん」,そして,その親御さんや活動されているパートナーの話を聞いて,俺なりのカンタン(身勝手かな?)な結論として,「ひきこもりを救うのは"やりたいことを見つける"こと」だと思ったのです.

 俺は,「引きこもった」理由は100人いれば100人の例があるというくらい,複雑だと思っています.またまた勝手な推測かもしれませんが,世にいる「心理カウンセラー」とか「教授さん」たちっていうのは,「前例」とかで物事をお話なさる.でも実際は,前例だけじゃカバーできないほど「複雑」な心理やケースが「引きこもる」根底にあり,それに気付かないが故にカウンセリングだけではなかなか解決せず,今日来た親御さんたちが望むような解決ができないんだと思います.

 でも,かつて「引きこもって」いて今はごく普通に生活している人の話や,今日聞いたNSPスタッフの話,そして,俺自身が立ち直った経験から考えると,「引きこもり」からまず脱却する方法は,粗い観点ですが,「挫折感や失望から脱却する」ことだと思います.そして,その「脱却」を図る上で一番大切なこと,それこそが「やりたいこと」を見つけることだと思います.

 ではその「やりたいこと」って何なの?そして「あんたが言うほど簡単に見つかるのかよ?」って思うでしょう.でも,ハッキリ言うと「カンタンに見つかります」.

 俺なんかは未だに「音楽をずっとやりたい」と思っています. なぜ? それは,昔々そんなに大きくはない会場で「満員」を経験したことと,歌ったときに波のような(実際はせせらぎくらいですが)拍手を貰った,あの「快感」を忘れられないからです.
  「俺の歌でこんなに喜んでもらえた」という満足感が未だに心にあって,それゆえに,その喜びをずっと感じながら生きていきたい,ということが支えになっています.

 ん? だからなんだって? あのね,これが「やりたいことの基本」なんです.まずは「自己満足」でもいい,自分が喜んで,感動できて,楽しめること,それが「じぶんのやりたいこと」なんです.

 だから何だっていいんですよ.俺の音楽なんてのはただの一例.「ボランティアをして感謝をしてもらって嬉しかった」でもいいし,「お年寄りに席を譲って感謝してもらえて嬉しかった」でもいいし,「絵を褒めてもらえて嬉しかった」でもいいし,「昔コンビニで働いていて,子供のお客さんが嬉そうに買い物するのが嬉しかった」でもいい.要は,「自分が嬉しかった・喜べた」ことこそが,「やりたいこと」であり,「やりたいこと」につながるのです.

 だから,今はまだ「目標が見つからない」と言う人も,かつて経験した楽しかったことや嬉しかったことを思い出してみてください.そして,それに繋がる仕事であったり作業とかを見つけて,追いかけていけばいいんです.
  そうすれば自ずと目標もできますし,何よりそれを追いかけたり掴むことで,自分に大きな自信もつきます.

 まずはこの「やりたいこと」を探して見つけてください.それでも「見つけにくい」とお思いなら,これまで,友達やご両親・先生方から聞いたお言葉を思い出してください.

 かならず「何らかのヒント」をあなたに与えてくれているはずです. 
    
jun