NPO法人ニュースタート事務局関西

VOICE

フリーターの声 - 「ばかなこと」をやってみたい

僕はフリーターです.
テレビでは「会社員」vs「フリーター」の図式で,
「フリーターは甘えてる.我慢が足りない!」
「会社員なんてつまんない.そんなんで人生楽しいの?」
なんつって罵り合わないとお茶の間にウケないのかも知れませんが,
僕にはどうも違和感があります.

どちらが,よいか・悪いか,正しいか・間違ってるかの問題ではないと思うんです.

会社員にも,尊敬できる人もいれば,ろくでもない寄生虫もいるだろうし,
フリーターにも,才能あふれる人もいれば,しょーもないアホガキもいるでしょう.
自分のやりたいことをするために会社に入り,またはアルバイトをする人.
我慢して,嫌々ながら会社に勤めてる人.
我慢するのが嫌でアルバイトをしてる人.
それぞれの人が,それぞれの理由で,それぞれの生き方を選んでいます.
  会社員,フリーターに関わらず,そりゃあもう,本当に多くの人が「仕事をすること」と,よりよく・楽しく・満足して「生きること」を考えているんだと思います.

そして,今,フリーターの問題を考えるときに,
「甘ったれるんじゃねぇ!」と,ケツをひっぱたくやり方,
「フリーターみたいな脱落者は10年後にバカを見るんだぜ,ふふふふふ」と,ほっておくやり方も,どうも僕にとっては,ピンとこないんです.

だって,実際に,ものすごく増えてるんですから.
これまでどおりのやり方では,だめなんじゃないでしょうか?

いえ,べつに,日本社会のシステムがどうだのと言うつもりはまったくないんですよ.(むしろ素晴らしいところが多いと思う.誠実・勤勉な日本人的気質ともども.)

でも,ついうっかり,フリ―ターの道に進んでしまった身としては,
違う価値観の軸で「働く」・「生きる」ということができないだろうか?と考えています.

社会が悪いと言っても始まらないし,変わるまで待ってられない.
革命的に社会を変えるなんて大きなことは,手に余る.
だから,せめて自分にできるところから,なんとか初めてみようと思って,まずはここに参加した次第です.

青臭いし,具体性ないし,今のままでいいとも全然思ってません.
僕もたいして出来の良い人間ではないですが,でも,それが許されない世の中はちょっと息苦しくて,一般には「バカなこと」と言われることを,やってみたくなるのです.
かきはら (パートナー会員)