NPO法人ニュースタート事務局関西

VOICE

ホントにやりたいこと

「やりたいことはなに?目標は?」

なんて聞かれて困る事ってありませんか?
なんだか居心地が悪くって,答えるのめんどくさいですよね.

質問をした人はこう言ってる(ように思う)んです.
「キミは社会の一員として,トーゼン社会の役に立とうとしとるよなぁ?
トーゼン興味ある分野があって,それを追求しとるよなぁ?
ん?そこんとこ,どーかね,キミィ.」

・・・って,そんなもん,ねぇっつーの!

だいたい,すべての人が
「役に立つか」「それで食っていけるか」という基準を満たして,
なおかつ,堂々と胸を張って言える「立派」な動機と過程と目標を
持って,「努力」してるわけないでしょ.

厳密に答えると
「あなた方の価値観に沿うようなものはありません」
なんですが,あって当然ってことになっているので
説明するのがめんどくさい.
実のところぼくも,ないと恥ずかしいと思うことさえあります.

だもんで,「え〜,べつにないしぃ〜」とか,
(ぼくも「ないですねぇー,あっはっはー」と笑ってごまかします)
思ってもいないのに建前で「○○を目指してます」「××をやってます」
なんて答えてるんですね.
もちろん,本当に思ってるってこともあるでしょうけど.

で,マジメな人ほど,そこにとらわれてる気がするんです.
「本当にやりたいことはなんだろう!?
なんで見つからないんだろう!?見つけなきゃいけない!」って.

いいんじゃない?そんなの見つかんなくても.

そして同時に,こうも思うんです.
ホントは誰にでも,楽しいこと・おもしろいこと・やりたいことはあるって.

自分探しだとか,夢を持ってとか,そんなたいそうなもんじゃないですよ.
(もう,ほんとにマジメなんだからー.)
「本に囲まれて静かに暮らしたい」って,それで充分でしょう?
「一日でドアを開け閉めした回数 ギネスに挑戦!」ってのも,ありじゃない?
意味ないものだろうが,役に立たないものだろうが,
おもしろいという想いは,必ずあります.
身動きがとれなくなってしまった時ならなおさら,
そこから始めるしかないと思います.

そして,自分がおもしろいと感じるものに出会えたら,
まず,やろうとしてみること.
そして,何かに出会い,それに関わること.
ぼくは,それ,すごく大事にしてます.

だって,一生続けるくらいのものが一発で見つかるわけないし,
失敗するのも当たり前なんだから.
まずはやってみないとわからないし,始まらない.
そして,その先にある自分の知らなかった新しい世界に進むためには,
知らない人やグループや物に出会うことが必要なんです.

とにもかくにも「動機」が最初.
「動機」があるから,一生懸命考えるし,
「動機」があるから,努力も工夫もする.
「動機」があるから,その結果がどうあれ,自分に吸収される.

まぁ,当たり前のことですよね.

それでも,考えが止まってしまったり,行き詰まると,
その当たり前なことができてるかどうか,
ぼくは確認するんです.

その,ここまで言っといてなんですが,じゃあどうしたら実際にやりたいことが
できるようになるかは,ぼくにもわかりません.
やりたいことは仕事の枠(デザイナーとか弁護士とかの肩書き)そのものではないし,
役に立たないものかも知れない.
だから,それを現実に形にしていくのは難しいこともあります.
まして,この世に生きてる以上,やりたいことだけやって
我慢しないで生きてくのも,かなり難しいことです.
(してもいい我慢と,どうしてもできない我慢ってあると思うけど・・・)

でも,だからこそ,根っこの部分に「動機」がない,
つまり,「できるようになりたいなぁ.どうすりゃできるんだろ?」と思えないと,
行き詰まってしまうんじゃないでしょうか.
ぼくにはどうしても,そこが一番大事な部分であると思えるんです.

ここまで読んでくれた人,どうもありがとうございます.
ここまで読んでもらって,ようやくこれが聞けます.

「で,あなたのやりたいこと・楽しいことって,なに?」
かきはらひろのぶ