NPO法人ニュースタート事務局関西

これまでの歩み

ニュースタート関西のこれまでの歩み

1998年10月二神能基氏(現ニュースタート事務局「本部千葉県」)理事長を講 師として講演会『大学生の不登校を考える』を大阪にて開催。 100人以上の親御さんが参加。

講演会後のケアとして西嶋彰氏(現ニュースタート事務局理事  前関西代表)が『大学生の不登校と若者のひきこもりを考える会』 という名称で毎月一回、大阪・本町にて定例会を開催する。 (2006年7月例会で計93回開催)
2001年1月京都にて「鍋の会」を開催以後、大阪・高槻市に拠点を移し毎月2回行う。 (2006年7月23日の鍋の会で143回開催)

この頃からひきこもりの若者への訪問活動を関西でも始める。
2001年11月大阪府高槻市に共同生活寮を開設。
「引きこもりは病気ではない」刊行(日本財団助成)。
2003年高槻市東五百住町によすみ寮開設。
2004年1月設立5周年記念祭り「NS祭」を開催。
2004年2月高槻市JR摂津富田駅前に事務所を開設。
2005年2月高槻市富田丘町共同生活寮(ドミトリー)開設。
2005年4月スロースペース(常設の居場所)運営開始。
2005年5月NPO法人日本スローワーク協会設立に関わる。
2005年10月就労倶楽部(就労支援)運営開始。
2005年10月カフェ・コモンズ(高槻市富田町)開店。